岡山市の眼科 グレース眼科クリニック

日帰り手術

日帰り手術の流れ

1手術前検査

問診、視力、眼圧検査を行い、診察室で病状を確認します。 手術に同意いただいた患者さまには、手術前の眼軸長、角膜内皮検査などの手術前検査を行い、 カウンセリングルームで手術の説明、手術時の注意事項もご確認いただきます。

2手術当日

手術の予定時間の約1時間前に来院いただきます。
※手術の種類によって来院時間が異なることがあります。

3点眼 全身状態の確認

来院後は血圧測定などを行い、全身の状態を確認します。手術前に点眼などの準備を行った後、前室にてお待ちいただきます。白内障手術予定の方は 散瞳薬という瞳を大きく広げる薬の点眼を繰り返し、準備を進めていきます。

当院は曜日によっては、全身の急変にも対応できる麻酔科医が常駐しておりますので、身体に不安のある方は、遠慮なくご相談下さい。

4手術

手術の準備が整ったら手術室に入室していただきます。点眼麻酔・洗眼・消毒のうえ、 ドレープをかけ、手術を開始します。

5手術後

白内障手術は10分前後の手術となります。緑内障手術は術式によって手術時間は異なります。手術の後は、回復室でお休みいただきます。

6術後の診察

術後しばらくお休み頂いたあと、一度、医師による診察をして問題のないことを確認したのちにお帰り頂きます。手術眼は眼帯をしてご帰宅頂きます。

7定期診察

手術後翌日、2~3日後、1週間後、2週間後、4週間後程度の頻度で術後の診察を行います。 白内障手術の方は眼の状態が落ち着いてくれば、必要に応じて眼鏡を新しくしていただきます。

日帰り白内障手術

日帰り白内障手術内容

白内障手術は、濁った水晶体を砕いて取り出し、その代わりに人工の水晶体である眼内レンズを入れる手術です。

1.点眼による麻酔後水晶体前嚢を切開します

2.濁った水晶体の中身を超音波乳化吸引して取り除きます

3.人口水晶体(眼内レンズ)を挿入します

4.水晶体嚢内に眼内レンズを固定します

眼内レンズの種類

白内障手術時に挿入する眼内レンズの種類によって、

  1. 手術後の見え方
  2. 見える距離
  3. メガネの必要性

に違いが出てきます。
見たい距離や眼の状態によって、あなたに適した眼内レンズの種類が異なります。
あなたの目と生活にあった眼内レンズを選びましょう!

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズによる見え方の違い

単焦点眼内レンズ見え方

単焦点眼内レンズを入れた後はひとつの距離にしか焦点が合いません。
合っていない焦点の距離を見るときは、めがねが必要となることがあります。

多焦点眼内レンズの見え方

多焦点眼内レンズは近距離と遠距離など複数の距離に焦点が合うため、単焦点眼内レンズに比べ、めがねへの依存を減らすことができます。

眼内レンズの選択

多焦点眼内レンズは、職業柄、めがねやコンタクトレンズの装用が出来ない方はもちろん、めがねをかける頻度や本数を減らしたい方には好ましいといわれています。
しかし、多焦点眼内レンズは、若い頃のように見たい所に自由に焦点が合うわけではないため、位置により見にくい場合はめがねを必要とすることもあります。

ライフスタイルに適した眼内レンズの選択

白内障手術が必要であると診断されたら、仕事のことや趣味のこと、一日の生活においてどこを見ることが一番多いかなど、あなたの希望をお伝えください。

1.単焦点眼内レンズを遠距離に 焦点を合わせた場合

近距離は見ずらいが遠距離は見やすい。

2.多焦点眼内レンズを近距離と遠距離に焦点を合わせた場合

近距離と遠距離が見やすい。

3.多焦点眼内レンズを中間距離と遠距離に焦点を合わせた場合

中間距離と遠距離が見やすい。

生活の中で優先することは何でしょう?

白内障治療の方法は、個々の眼の状態によって慎重に決定されなければなりません。
眼の状態や術後の生活環境によっては多焦点眼内レンズが適さないこともあります。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは日常生活の大半がめがねなしで不自由なくできるレンズです。
ただし、距離によっては見えにくい場所があります。

多焦点眼内レンズは見え方に慣れるのに個人差があります。また、コントラスト感度の低下を感じたり、夜間のグレア・ハローが気になる場合があります。

手術の状況で、多焦点眼内レンズを挿入しないほうがいい場合があります。
術後、予定の屈折度数にならなかったり乱視が残っているために、裸眼視力が出にくいことがあります。

詳しくは担当医・スタッフにご相談ください。また、多焦点眼内レンズは保険適応ではありませんのでご注意ください。

日帰り緑内障手術

緑内障手術について

緑内障手術は眼圧を下げる手術です。緑内障は、いったん悪くなった視力や視野を元通りに回復することはできませんが、眼圧を下げれば、病気の進行を遅らせることができます。薬物治療やレーザー治療で眼圧が充分に下がらず視野障害が進行する場合には、眼圧を下げる手術を行います。

1.線維柱帯切開術

お水の出口である線維柱帯を切り広げて、水はけをよくする手術です。

この手術の一番の利点は、合併症が少なく、視力低下などの視機能障害が起こらないことです。ただ、術後の眼圧下降効果はおだやかで、お水の出口そのものが傷んでいる場合には、効果が少ないこともあります。

術後に目の中に出血しますので、数日間は見えにくくなりますが、自然に吸収されることがほとんどですので、ご安心下さい。

以前は、結膜や強膜(白目の部分)を半層切開して(①)、線維柱帯にロトームを挿入して切り広げていましたが(②)、最近では、目の中に「マイクロフック」(③)という特殊な器械を使用することで、白目の部分をまったく切らずに手術することも出来るようになり、かなり侵襲が少なく行えるようになってきました。

①結膜と強膜を切開し
ロトームを線維柱帯に挿入します
②ロトームを回して線維柱帯を切開します
③谷戸式マイクロフック

手術時間は15分程度で、白内障手術との併用がお勧めです。

2.線維柱帯切除術

緑内障手術としては最も一般的な術式であり、あらゆる種類の緑内障に対し適応になります。房水を眼内から外に流すためのバイパスを作り(①)、流れ出た房水は、濾過胞(白目の袋)にたまって眼圧が下降します(②)。

①結膜と強膜を切開し
バイパスを作成します
②バイパスから流れ出た房水は
濾過胞にたまって眼圧が下降します

術後はとてもよく眼圧が下がる反面、晩期合併症としてバイパスから感染を起こすことがあります。また、眼圧下降に伴い、乱視が増強しますので、視力が下がることもあります。

患者さまの病状によっては、厚生労働省に認可されている「エクスプレス」(③)を挿入する濾過手術も行っています。これは従来のやり方に比較して、合併症が少ないのが利点ですが、この手術の適応にならない患者さまもいらっしゃいますので、詳しくは、担当医にご相談下さい。

③エクスプレスはステンレス製の医療機器です

手術時間は20分~45分程度で、術後に、バイパスを縫った縫合糸を切るレーザー処置や、癒着を剥がすニードリングなど、さまざまなメンテナンスを行います。

3.緑内障チューブインプラント手術

緑内障チューブインプラント手術は、線維柱帯切開術や切除術を行っても眼圧を下げることが難しい眼に対して行います。当院では「アーメド緑内障バルブ」(①)を結膜と強膜の間に留置しています(②)。アーメド緑内障バルブはフレキシブルな医療用シリコンプレートで、常に房水の排出量を調整することにより、低眼圧による合併症がほとんどないのが利点です。

①アーメド緑内障バルブ
②結膜と強膜の間に留置して
チューブを通して房水を排出します

入院をご希望の方には、「心臓病センター榊原病院」などの近隣病院と連携し、適切な治療ができるよう体制を整えています。
岡山駅前のホテルも提携しておりますので、ご相談ください。