岡山市の眼科 グレース眼科クリニック

Q&A

お客さまからよく寄せられる目の病気に関するご質問を「Q&A」形式でご覧頂けます。

緑内障

緑内障というと眼圧が高いというイメージがありますが、実は日本人に一番多いのは「正常眼圧緑内障」です。

眼圧の正常値は10〜21mmHgですが、この範囲内にあっても神経の障害が進んでしまう緑内障を「正常眼圧緑内障」といい、日本人の緑内障の7割を占めます。逆に眼圧が少し高めでも視野障害をきたしていない「高眼圧症」と呼ばれる人たちもいます。
〝眼圧が高い=緑内障〞ではないのです。

早期発見するためには眼科検診しかありません。緑内障は、日本人の失明原因の第1位ですが、早期のうちから、きちんと治療を行っている患者さんのほとんどは失明には至っていません。
緑内障は早期発見すれば恐くない病気ですが、有病率は40歳以上の5%と、非常に多い病気です。一にも二にも、眼科検診を受けるのが最良の早期発見方法と言えるでしょう。

緑内障では、初期や中期のうちは、自覚症状はほとんどありません。視野が欠損していても、緑内障になっていない方の目や、脳が視野を補完してくれるため、欠損部は黒く見えず、片目が失明寸前でも気づかないこともあります。

緑内障患者の見え方と正常な見え方

眼圧検査、視野検査、眼底検査が一般的な検査です。最新鋭の光干渉断層計(OCT)を用いた検査は、早期発見に有効です。
OCTとは、非侵襲的に眼底に弱い赤外光を当て、その反射を解析することで網膜の断層画像を得ることができる器械です。この検査を行うことで、従来の検査では発見が困難であった網膜の微細な変化を捉えることが可能となり、緑内障によって障害された視神経線維層と細胞層の異常をより早く発見できます。いずれの検査も痛みはありません。

OCTによる検査で発見された緑内障。

緑内障治療の基本は目薬ですが、眼圧がしっかり下がらない場合や、眼圧が下がっ
ても視野障害が進行する場合には、レーザー治療や手術療法を検討します。

初期から中期の患者さんに対しては、最近では「MIGS」と呼ばれる体への負担の少ない手術が行われるようになってきました。効果は比較的穏やかですが、重篤な合併症が少ないとされています。中期以降の患者さんには、「線維柱帯切除術」という、眼外へ水を排出する経路を新たに作成する手術を行います。

緑内障手術の目標は残っている視機能の維持にあり、手術を行っても障害された視力、視野を改善することは困難ですから、とにかく早期発見が大切です。

線維柱帯切除術のイメージ

白内障

ほとんどは加齢によるものですが、先天性や外傷性、アトピー性皮膚炎、糖尿病、薬剤や放射線による白内障もあります。

白内障の眼と正常な眼

日本では、普通免許の更新には両眼で0・7の視力が必要です。白内障でまぶしいという症状がひどければ、視力が良くても手術をする方がよいですし、特に、運転を仕事にされている場合には、手術を早めにした方がよいこともあります。

緑内障の場合は、たとえ視力が0・7あっても、視野障害の程度によっては、信号を見落としたり、急な飛び出しなどに対応できない場合があり、運転をやめる方がよいケースがあります

白内障の手術後に、眼内レンズを入れた水晶体嚢(のう)の後ろ側(後嚢)が濁ってくることがあり、これを後発白内障といいます。手術後数カ月から1、2年で発症しますが、後嚢にレーザーを当てることにより、濁りは簡単に取ることができます

基本的に、点眼薬や飲み薬で水晶体の濁りを無くすことはできません。症状が進んで日常生活に不便やわずらわしさが出てくる場合には、手術を検討します。

白内障手術のイメージ

白内障の手術では、Q4の通り、濁った水晶体を取り出して、そこに人口の眼内レンズを挿入します。眼内レンズの度数は、目の状態に合わせて決めますので、近視のみならず、遠視や乱視も治すことができます。ただし、健康保険が効く眼内レンズは単焦点レンズなので、一か所にしかピントは合いません。

遠くがよく見えるようにすると近くは老眼鏡が必要で、近くがよく見えるようにすると遠くは眼鏡が必要です。遠くも近くも見えるようにするには、遠近両用の多焦点眼内レンズが必要ですが、健康保険の適用外のため費用が高額になります。また希望の方、全員に向いているとは限りません。

まずは眼科で検査を受けて、自分に一番合った眼内レンズを専門医と相談することをお勧めします。